吹き出物 ニキビ 違い

MENU

吹き出物とニキビの違い

簡単に言えば「二十歳を超えたら吹き出物」なんて言われていますよね。
その通りなんです。
今までニキビと呼ばれていた思春期のニキビも
二十歳を超えるともう「吹き出物」と呼ばれてしまします。

 

年を取るって残酷ですよね。
ニキビより吹き出物って言葉のほうが、なんだか汚くって嫌なイメージ。

 

違いは明確に定義されていませんが
主に成長過程での皮脂の多さが原因だったり、
スキンケアをしていない肌にできるのが思春期ニキビで

 

吹き出物は「大人の肌荒れ」って感じです。

 

症状は同じでも、実は治し方が違うってこともあります。
思春期ニキビの治し方では吹き出物は治りません。

 

成長するにつれてなくなっていく思春期ニキビとは対照的に
吹き出物は二十歳を超えてからどんどん増えていくものです。

 

治し方が違うということは、ちゃんと原因や症状をわかっとかないと
二十歳を超えて困ることになる、なんてこともあるんでしょうね。

 

明確にはわからずとも、ちゃんと見ておかないと大変なことに・・・!?

判断を間違えると吹き出物跡に・・・

吹き出物ってほおっておくと、ニキビ跡になっちゃいます。
思春期ニキビがニキビ跡になりにくいんですけど、
なりにくい理由は2つあるんです。

 

思春期ニキビは主にできるのも早くて治りも早いのが特徴的。
ちゃんと治してればニキビ跡にはなりません。

 

しかも、肌の生まれ変わりがまだ正常な思春期の頃に
ニキビ跡ができても別に生まれ変わって治っちゃうんです。

 

吹き出物はそうはいきません。
できてしまっても簡単には治りませんし
一度吹き出物跡になってしまったら消すのも大変なんです。
皮膚科へ通ってピーリングをしないと治らないかも?

 

吹き出物を作らないために、肌を清潔に保つことが大切ですが
ピーリングのように皮脂を落としすぎても治りません。

 

正しい肌のケアを心がけて
生活リズムや睡眠不足の解消、規則正しい食生活を守り
喫煙や飲酒を控えて吹き出物跡予防をしておきましょう。

 

吹き出物対策はコレだ!詳細はこちら